シェアハウスで友達と一緒に住もう

TOP

【シェアハウスで友達と一緒に住もう】を読んで知識を深めよう!

シェアハウスで東京の生活が充実。仲の良い友達と一緒に、友達の輪を広げよう

お金がなくても東京に住みたいという願いをかなえる手段の一つとして、シェアハウスがおすすめです。一人で東京にやってきて賃貸を契約すると、お金がたくさんかかります。しかし、シェアハウスであれば、一緒に住む居住者と、毎月の家賃の払う金額を分け合うことで、コストを安くすることができます。友達と一緒に住めば、知らない人と暮らす不安も軽減されます。当サイトではシェアハウスに住むにあたっての体験談をご紹介します。


share house in Japan, Tokyo. [interwhao]

理想の生活がシェアハウスにはあったんですよ

東京で一人暮らしをしていたんですけど、駅から遠いし家そのものは狭いしで、せっかく東京で暮らしているのに全然面白くないなって思っていたんですよね。だから引っ越すことにしたんです。シェアハウスにしてみたんですよ。東京にもシェアハウスがいくつかあるんですよね。その中から大人数が住んでいるシェアハウスにしてみたんです。合理性とかじゃなく、興味本位で選んでみたんですよ。実際に住んでみるとどんな生活が待っているのか。ワクワクしている部分も多々ありましたけど、シェアハウスでの生活は快適そのものです。理想と言い換えても良いかもしれないんですけど、とっても楽しいですね。特に距離感です。近すぎず遠すぎずというか、全然接点がない訳じゃないんですけど、かといってもっと一人の時間が欲しいなって思う程でもないんです。まさに「適度」な距離感を楽しめているので、シェアハウスでの生活は予想以上に快適なものだなって思っています。

I found the ideal life in sharehouse

I had been living by myself in Tokyo for a long time, but the house was far from the station and really tiny. That life was just nothing more than stress. So, I decided to move. I tried to use a share house. Although there are lots of share houses in Tokyo, I picked a large share house where lots of people live. I picked it not for a rational reason but for my interest. I was curious about what life would be waiting for me. I was excited before moving in. Now, after starting my life here, the life is really comfortable. It is not an exaggeration that this life is my ideal. I like a sense of distance from other residents, neither near nor far. In some time I want communication, in other time I want privacy. The life here fulfills this feeling of mine, more comfortable than I imagined.

理想の生活がシェアハウスにはあったんですよ / I found the ideal life in sharehouse

メリハリのある生活がシェアハウスのおかげで出来ている

楽しむ時は楽しむ。自分の時間は自分の時間。シェアハウスでは思った以上にこのメリハリがしっかりしているなって思っています。シェアハウス全体なのか、それとも自分が住んでいる東京のシェアハウスだけの話なのかは分かりません。自分は今のシェアハウスに住んだことしかないのでもしかしたら違う所もあるかもしれないんですけど、自分が住んでいるシェアハウスは基本的に自分の時間を大切にする人が多いんです。だから自分の時間を遮って皆で集まろうとするような人はいません。かといって、全くコミュニケーションがない訳じゃないんです。一緒にご飯を作って食べる時もありますしね。だから決して全く関わっていないって訳じゃないんです。でもその距離感が絶妙なんですよね。もっと頻繁だと自分の時間が恋しくなると思いますし、もっと少ないとたまには皆で…みたいな気持ちになっているかもしれないじゃないですか。そのバランス感覚が素晴らしいなって。

I can take balance in my life thanks to sharehouse

Enjoys when you enjoy. My time is my time. In the share house, I think that this sharpness is firmer than I thought. I don’t know if it's the whole share house or just the share house in Tokyo where I live. As I have only lived in the current share house, perhaps there may be different things, but the share house where I live is basically the one who values my time basically. So there is no one like to shield your time and gather together. However, there are some communications. There are times when you cook and eat together. That's why I'm somehow concerned with each other. But the sense of distance is exquisite. I think that I miss my time if the communication is more frequent, and maybe I feel like I want more communication when I have less. I feel that balance sense is wonderful.

メリハリのある生活がシェアハウスのおかげで出来ている / I can take balance in my life thanks to sharehouse

シェア。それがいいんですよ

シェアハウスの良い所はたくさんあります。実際に自分も今でも東京のシェアハウスで暮らしていますけど、いろいろなことを「シェア」出来ると頃ですよね。部屋そのものもそうですけど、よくやるのは食材のシェアです。一人暮らしで、さらには一人用の食事ってかえって高くつくケースもあるじゃないですか。だけど自分の住んでいるシェアハウスでは食材をシェアすることもあります。もちろん不公平にならないようルールも設けられていますけど、それらが楽しいんですよね(笑)一人で調理する時もあれば、時にはシェアメイトの誰かと料理する時もあります。いろいろなことを踏まえて楽しい時間を過ごせるのもまた、シェアハウスの魅力なんじゃないかなって思いますよね。むしろそれが出来るのってシェアハウスだけじゃないですか。だから貴重な経験が出来ているんじゃないかなって思いますよね。それが楽しさでもあり新鮮さでもあるのでシェアハウス、自分に合っています。

Sharing. I like this.

There are many merits in share house. Even now I am still living in share house in Tokyo, but one of merits is to be able to "share" things. The room itself is also the same, but what I often do is share of meals. There are cases that it is expensive to buy and make for one person. However, we share the meals in the share house where I live. Of course, rules are set up so that it will not be unfair, but they are fun. Sometimes I cook alone, sometimes I cook with some house mates. I think that being able to spend pleasant time based on various things is also a charm of a share house. It is because it is sharehouse to be able to do it. So I think that I can have valuable experience. Because it is fun and fresh, living in sharehouse fits me.

シェア。それがいいんですよ / Sharing. I like this.

不安は呆気なく消えました

初めは不安もありましたよ。やっぱりシェアハウスって、人付き合いがある訳じゃないですか。むしろそれがメインと言うか、人付き合いのおかげで自分の時間を楽しめないというか、自分の時間を確保できないんじゃないかなって気持ちもあったんです。でも、その代わりにいろいろと共同利用するから安い。それが自分のシェアハウスのイメージだったんです。東京の家賃は本当に高いので、一人暮らしが難しい以上シェアハウスにするしかないかなとは思いつつ、でもやっぱりシェアハウスだとそういった不安が…みたいな気持ちになっていたんですけど、実際に暮らし始めてみると、特にそういったことはありませんでした。だからきっとシェアハウスでの生活をイメージだけでしか知らない人は、きっと面食らう部分もあるんじゃないかなって思いますよ。思っていた以上にドライと言うか、あまり他人に干渉しないんです。でもそれが程よい距離感なので、不安はすぐに消えたんです。

My worries went away immediately

At first, I was worried. I knew living in a share house would come with socializing with people. So, because of that interaction, I was worried that I couldn't have my free time, although I could cut expenses for shares items. That was my first imige on a share house. However, after I started a life, that cannot be true. So, people who know a life in share house from that image will be amazed at the gap. Residents act in a matter-of-fact manner, do not inturrupt with others so often. That distance between residents is really good to me. That is why my worries went away immediately.

不安は呆気なく消えました / My worries went away immediately

シェアハウスってイメージが先行していますよね

人のことは言えないんですけど、自分もかつてはシェアハウスというとどうしてもドラマや映画などのイメージが強かったんですよ。住人同士のコミュニケーションの時間が長くて、何かあれば住人が集合して会議して…みたいな(笑)でもそれは本当に映画やドラマだからこそ行われているものであって、自分が住んでいる東京のシェアハウスではそんなことはほとんどないですね(笑)住人が全員集合しているのなんて見たことないです(笑)皆暇じゃないっていうか、それぞれのライフスタイルがあるんです。朝型の人もいれば夜型の人もいますので、全員が一か所に集まって会議をするなんてあり得ないですよ(笑)むしろそれぞれが自分の生活を大切にしているし、個室に入っている時には用事がない時には声を掛けないっていう暗黙の了解もあるので、シェアハウスでの生活は快適そのものです。だから自分自身、シェアハウスにして良かったなって思いは強まっていますよ。

The image of sharehouse is preceding

I think that the general image of share house for everybody comes from a drama or movie. I also had that kind of image ― a long-time conversation with other residents and an emergent conference if something happens…lol But these are something that happens specially in a movie or drama. In a share house where I am living in Tokyo, these serdom happen. lol I have never seen the residents getting together. lol They are not that free, or rather they have their own life styles. There are early birds and night owls in my share house, so it is not possible that all of us gather at a place and have a conference. They enjoy their own lives and there is an silent consent that we do not speak to each other when we are in our rooms. The life in a share house is just comfortable.

シェアハウスってイメージが先行していますよね / The image of sharehouse is preceding

フリーエリア

カテゴリー