超便利!クレジットカード活用法

TOP

クレジットカードを最大限活用するなら現金化で決まり!

クレジットカード現金化は難しくはない

難しくないという表現よりも、むしろ簡単と言った方が良いであろうクレジットカード現金化。クレジットカード現金化そのものはショッピング枠で購入した物を売却するだけです。これだけで良いので難しいものではないのです。むしろ無意識のうちにクレジットカード現金化をしていたという人もいるのではないでしょうか。クレジットカードで何かを購入したものの、次第に飽きたり不要になったのでどこかに売却して現金を手にする。意図していないとはいえ、広い意味ではそのような行為もクレジットカード現金化です。つまり、クレジットカード現金化は決して特別なものではなく、誰もが当たり前のように行っている可能性もあるほど身近なものなのです。言葉の響きから特別な行為のように感じている人もいるかもしれませんが実際にはクレジットカード現金化はとても身近で簡単なものです。現金を手に出来ない状況に陥っている人にとって、クレジットカード現金化程頼りになるものはありません。

クレジットカード現金化の原理

クレジットカード現金化がどのように行われるものなのかよく分かっていない人も多いようですが、決して難しいものではありません。むしろとても簡単なもので、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、売却して現金を手にするだけのものです。原理だけを考えるととても簡単なものだということに気付かされるのではないでしょうか。現実的にクレジットカード現金化は決して難しいものではありません。特に近年はインターネット上での個人売買の場・サービスも多数登場していますのでそれらを活用すればすぐにでも現金化が可能になります。決して特別な方法ではありませんし、誰もが思い立ったその瞬間から出来るようになると言っても過言ではありません。理屈が分からないとどのようなものなのか想像出来ないのであれこれ考えてしまうかもしれませんが、理屈さえ分かれば実にシンプルで誰もが出来るであろう簡単なものだと気付かされるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化のメカニズム

クレジットカード現金化のメカニズムはとてもシンプルなものです。ショッピング枠で商品を購入。ここまではおそらくクレジットカードを持っている人であれば誰もが出来るでしょう。そしてその商品を売却して現金を得る。ただこれだけです。一昔前ですと、どこで売却するのかが肝でした。近くのリサイクルショップに持ち込んだところでほとんどお金にならないような査定をされてしまうケースもあったでしょう。ですが近年はインターネットのおかげ住まいにかかわらず、誰もがいつでもインターネット上でオークションや個人売買等を通して売却出来るようなりましたので、クレジットカード現金化がとても簡単なものになったのです。簡単に現金を手に入れられますし、ショッピング枠を活用するものなので総量規制に引っ掛かっている人でも出来ますし、多重債務に陥ってキャッシングが出来ない状況の人であってもショッピング枠さえ余裕があれば行える手法なのです。

クレジットカード現金化と付随サービス

クレジットカード現金化をと考えているのであれば、現金を手にするだけではなく、クレジットカード現金化に付随する部分も考慮しておくと良いでしょう。例えばですが、クレジットカードのポイント還元率が高い日を狙ってみたり、対象となる商品を購入するお店のポイント還元率が高くなる時を狙えば、いつもよりも還元率が高くなります。クレジットカード現金化はただ単に現金を手に出来ると考えるのではなく、ポイント等をトータルで考えることも大切です。せっかくの現金化なのです。現金であればいくらでも良いと考えるのではなく、1円でも多くの現金を手にしたいと思うのが当然の心理です。そこでポイントプログラムです。これらを上手く活用すれば、還元率を実質的に上昇させてくれますので、クレジットカード現金化の還元率がより高まるのです。このように、クレジットカード現金化をと考えるのであれば付随するポイントプログラムにも目を向けてみると良いでしょう。

クレジットカード現金化と法律

ポケットに入れた財布クレジットカード現金化と法律の関係はどうなっているのか気になっている人も多いのではないでしょうか。むしろ興味はあるものの出来ないでいるという人は、法律面でのリスクを考えているがために躊躇しているケースも多いようですが、クレジットカード現金化は違法行為ではありません。法律による罰則はありませんが、クレジットカードを発行している信販会社の利用規約でクレジットカード現金化を禁止している所は増えています。この流れから、そのうち法律面も整備されるのではないかとの声も多数あるのですがクレジットカード現金化に法律が適用されるか否かはまだまだ分かりませんが、現状では退会処分となるリスクはあるものの、信販会社としても利用履歴だけでクレジットカード現金化を判断するのは難しい事実もあります。よほどあからさまではあっても、もしかしたら本当に必要でショッピングをした可能性もありますので、信販会社も判断に迷っているのです。

フリーエリア

カテゴリー